不妊治療

プラセンタで肝臓機能を助け二日酔い解消

寒くなると、ご飯処や居酒屋などで飲む熱燗が美味しいあまり、思わず、過ごしてしまう方も・・・いらっしゃるのではないでしょうか?
羽目をはずして飲みすぎますと、アルコールを分解する働きを持つ肝臓に大きな負担がかかり、肝炎、肝硬変などの肝機能障害を起こす可能性が高くなります。
プラセンタは、肝機能障害の治療に医療の現場でも使用されている、優秀な栄養成分でもあります。

プラセンタによる肝機能障害の治療は、プラセンタの持つ肝細胞増殖機能をはじめ、様々な作用に目を付けた医師たちの手により、肝機能障害治療のための強肝、解毒作用を持つ薬として開発され、今に至っているのです。
プラセンタを摂取していると、プラセンタの持つ肝細胞増殖機能のおかげで、肝臓の働きを活性化し、アルコールの分解能力が高まるので、二日酔いの症状が軽くなるのです。
飲む機会の多い方、お酒が好きな方にはプラセンタをおすすめします。

肝臓は、肝心かなめの肝です。
寒い季節だけでなく、1年を通してアルコールを摂取する機会がある方は、悪くしてしまう前に、日ごろからプラセンタを摂取し、肝機能を強くしておきましょう。
それが、大事な肝臓を守るコツであり、健康維持に必要な習慣でもあると考えます。

Copyright(C) 2013 健康第一にもっとも欠かせない栄養素 All Rights Reserved.